闇に飲まれたブログ

神崎蘭子を信じろ!

神崎蘭子について

FIT.LT #5で発表した内容をそのまま転載します。

第1章 神崎蘭子について

  • 神崎蘭子は中学2年生のアイドル
  • 熊本県出身。アイドルになる前から上京していた。
  • 絵を描くことが好き。自分の思い浮かべたストーリーをイラストとして表現するのが得意。
  • アニメでは『346Production』に所属し、会社の寮に住んでいる。
  • 自宅は別にあり、家族も住んでいる。

第2章 熊本弁

  • 彼女の紡ぐストーリーはとても異質である
  • とてもドラマティックであり、彼女が支配者として常に中心に存在し続けている
  • その世界を『グリモワール(スケッチブック)』に描く
  • その世界の設定に従い、日常も振る舞っている

第3章 中二病

  • 彼女は中二病ではない
  • なぜなら、現実<REAL>と世界<DREAM>を区別している
  • 自分の描いた世界はあくまでも妄想。現実には起こることは不可能
  • ただ、自分のストーリーを知ってもらいたい。そして分かち合いたい。それだけである。
  • そうして、彼女はアイドルの道を選んだ。

第4章 神崎蘭子の素顔

  • 彼女はとても恥ずかしがり屋である
  • 基本的に素顔を見せずに、役者として振る舞っている
    • これは自分の素の顔を見せたくないからである
  • 彼女は恋愛には疎い。これまで経験がなく、異性とも接する機会がなかったからである。
  • 目上の人や信頼している人に対しては素の顔を見せることもある

第5章 神崎蘭子とプロデューサー

  • 自分をアイドルとして導いてくれたのはプロデューサーである
  • そのため、プロデューサーには感謝しているが、それと同時に自分のストーリーを分かってくれる同志でもある
  • 基本的には同志としてプロデューサーに接する。しかし、尊敬する人としても捉えている。

第6章 神崎蘭子の恋愛事情

  • プロデューサーには好意がある
  • しかし、直接伝えることが難しい。そのため、普段の言葉を使ってごまかしながらも伝えている。
  • 蕾夢ミル狂詩曲 ~魂ノ導~ にはプロデューサーに対する直接的な思いが込められている。

第7章 神崎蘭子とその仲間たち

  • 白坂小梅
    • 常に彼女のことを信頼してくれる親友
  • 二宮飛鳥
    • 同じ仲間として一緒に活動をしている相棒
  • 小日向美穂
    • 故郷が同じで、仲良くしている友達

第8章 ユニット

  • ダークイルミネイト
    • 神崎蘭子と二宮飛鳥のユニットグループ
    • 同じ方向を持つ者同士がそろって活動している
    • ただし神崎蘭子の世界と二宮飛鳥の世界は異なる
    • お互いの世界を分かち合い、それが歌となる

第9章 神崎蘭子のその先

  • CINDERELLA PROJECTとして、周りにおいて行かれないように精一杯努力している
  • それと同時に彼女は自分の意見が言えるようになりたいと思っている
  • 自分の立ち位置を理解して、これからも振る舞おうとしている

神崎蘭子を信じろ

  • 彼女を信じることがプロデューサーのやるべきことである
  • 彼女が伝えたいことが分からなくても背けてはいけない
  • 面と向かって、彼女のことを理解する必要がある
  • また、感情が顔に出るのでとても分かりやすい